美容師派遣・求人・転職・ブライダル派遣

>>OL型美容師派遣への派遣依頼はこちら

美容業界 必勝面接

  • Top
  • 美容業界 必勝面接

面接のすべては第一印象

採用担当者に好印象を与えるためには何を気をつけるべき?
  • 身だしなみ
  • 姿勢
  • 話し方
  • 目線

みだしなみ

一般的には美容業界では面接の時にスーツ着用はありません。理由は職業柄、お客様と接するときはほとんどが私服だからです。服装も採用担当者に見られている事を意識して、清潔感のあるオシャレを心がけましょう。

こんなみだしなみはNG!!
ジーンズ・ぼろぼろの靴・派手なアクセサリー

姿勢

会社の最寄駅についた頃から採用面接ははじまっていると意識しましょう。もしかしたらあなたと同じタイミングで目標の美容サロンの社員様が偶然あなたを目撃することもあるかもしれません。

背筋をきちんと伸ばしましょう。
椅子は浅く腰掛けましょう。

こんな姿勢はNG!!
タバコを吸う・携帯電話を頻繁にさわる

話し方

話すときは相手に明瞭に聞こえるように普段よりワントーンアップで話しましょう。
言葉のキャッチボールを採用担当者と円滑にできるようにしましょう。

こんな話し方はNG!!
声が小さい・話が長い・はっきりとした答えを言わない

目線

目線は適度に相手の目をみましょう。

こんな目線はNG!!
相手の顔をまったく見ない・よそ見をする

採用担当者に好印象を与えるためには

堂々と自信を持ってお話しましょう!
回答は長々せずポイントをきちんとつかんではきはきしましょう!
ボディランゲージを加えましょう!(言葉だけでなく手振り身振りを使うとより印象深めます)

採用担当者に悪い印象を与えるパターン
  • 態度が悪い!
  • 清潔な服装でない!
  • 目線をきちんととらない!
  • 質問に対して無言になったり会話が成り立たない。
  • 落ち着きがない。声が小さい

応募書類は1分で判断される

一般的には新卒時と違い、必ず必要となるのが「履歴書」「職務経歴書」です。

まずは採用担当者が書類選考する時に「履歴書」を見て1枚につき1分以内でOKかNGがつきます。
「職務経歴書」はその「履歴書」でOKがでた応募者を選考するための大事な基準になるんです。

「職務経歴書」とは「履歴書」に記載している株式会社〇△での細かな詳細を応募先に伝えるための書類になります。
採用担当者は、履歴書よりも実は職務経歴書をしっかり見てます。というのも応募者が実際に会社に入社した場合のことを想定するためのものなのです。 ということは職務経歴書は、一番の応募者がアピールするための書類です。

素敵な職務経歴書の作り方

適切な情報を的確に記載することです。 よくあるのが極端に文字数が多く応募先企業には不必要な情報を記載していることです。 もちろん、情報量の少ない職務経歴書は真っ先にNGになりますが、逆に情報量の多い職務経歴書は あなたの魅力やアピールポイントをわかりづらくしてしまいます。

履歴書で確認されるポイント
  1. 通勤可能であるか?
  2. 学歴・職歴が評価できるか?
  3. 転職回数?
  4. 募集内容と希望している内容がかみあっているか?
  5. 文字が綺麗に記載しているか?
職務経歴書のポイント
  1. アピールする能力があるか?
  2. 履歴書に記載されている内容が信頼できるか?
  3. 希望する職種に対応できそうな職能があるか?
  4. 将来性を感じれるか?